カンジタを予防するためにどうすればいいか?

カンジタとは
カンジタとは、カンジタ菌が増殖して発症する病気です。カンジタ菌は男女関係なく誰の体にも常在している菌です。カンジタ菌が存在している体の部位は主に皮膚、口の中、消化管、腟です。風邪や疲労、ストレス等、日常生活においての免疫力の低下、またホルモンの変化等の原因によって腟の中、また口の中で増殖して発症しやすいですから、カンジタは一般的に腟カンジタと口腔カンジタという二種類があります。

カンジタの症状
カンジタは女性に発病率が一番高いと認められています。特に腟カンジタは女性の約20%が経験する病気です。カンジタの症状について、膣・外陰部の痒み、白いヨーグルト状のおりもの増加、性交時痛、外陰部・膣の灼熱感・痛み・軽度の腫れ・発赤などの症状があります。他の性器の感染症でも似た症状をきたすこともありますけど、以上の症状を気付いたら、カンジタにかかる可能性が高いですから、注意してください。

カンジタの予防対策
カンジタ菌は風邪や疲労、ストレス等、日常生活においての免疫力の低下、またホルモンの変化等の原因で増殖しやすいですから、カンジタの予防対策として、規則正しい食事習慣、充足な睡眠や適度の運動を十分注意する必要があります。また、普段の生活でストレスの解消、衛生習慣を重視することもカンジタの予防に大切です。