性器カンジタ症になったら、どうすればいいのか?

性器カンジタ症とは
カンジタ症は大きく分かれると、性器カンジタ症と口腔カンジタ症という二種類があります。性器カンジタ症とは、性感染症の一種で性器内でカンジダ菌が異常に増殖することで起こる病気です。男女の生理構造の違いによって女性の発症率がもっと高い、膣カンジダ症とも呼ばれています。性器カンジタ症の感染経路について、性交渉の他には、何らかの原因でカンジダ菌という常在菌のバランスが崩れてしまうことによって性器カンジタ症が引き起こされることもあると言われています。

性器カンジタ症の症状
性器カンジタ症の症状は男女によって異なっています。女性の場合、外陰部や腟部に強いかゆみ、またおりものの増加と白い腟内容物が現れてくることができ、他には、外陰部において軽いむくみや軽度の赤味を認めることも多いです。男性の場合、亀頭のかゆみとただれ、亀頭に小さな水泡という症状がよく見られていますが、症状が進んでいる場合、尿道炎を起こすこともあります。

性器カンジタ症の改善方法
性器カンジタ症を引き起こす原因は直接な性接触の他には、体調不良や過労、性器の不潔、生活習慣の乱れ、ストレス過多などによる免疫力の低下などの原因もあります。それで、栄養バランスのよい食事、充足な睡眠と適度な運動などの規則正しい生活習慣をつけたり、ストレスを解消したり、患部の清潔と安静を保ったりすることは性器カンジタ症の改善に効果があります。

自然に治ることができない場合、膣錠、軟膏、クリーム、経口錠などを利用したり、また抗真菌剤イミダール系の軟膏やクリームを塗布したりすることが必要です。