腟カンジダについて

腟カンジダ症とは腟の中にいるカンジダ菌が増殖し、おりもの・かゆみ等の不快な症状をおこす病気のことです。性感染症の一種として分類されている病気です。性交渉による感染以外にも発症する可能性があります。便や尿、手指やタオルなどが考えられます。カンジダ菌自体は、健康な女性でも皮膚、口の中、消化管、腟に存在する“常在菌”です。それが、風邪や疲労、ストレス等、日常生活においての免疫力の低下、またホルモンの変化等によって、腟の中で増殖して発症します。

腟カンジダとは、腟内の常在菌であるカンジダという真菌の異常増殖によって起こる腟炎です。腟内は乳酸桿菌の働きにより酸性に保たれています。そのため腟は他の菌が増殖しにくいのですが、さまざまな原因で常在菌のバランスが乱れるとカンジダという真菌が異常に増殖し腟カンジダを発症します。

腟内は、乳酸菌によって酸性に保たれているため、他の菌が繁殖しにくい環境になっています。その原因は妊娠や糖尿病、疲労などの免疫低下が考えられます。また抗生物質の使用によって常在菌のバランスが崩れる場合もあります。このように腟カンジダはほんの少しの身体の変化によって発症します。

腟カンジダの主な症状は外陰部に掻痒感、灼熱感が強く現れます。粥状、酒粕状の帯下が増加します。外陰部の発赤、はれがみられ、周辺に紅斑や小膿疱(しょうのうほう)を伴うこともあります。カンジダに感染していても症状のないこともあり、通常は症状がある場合に治療を行います。

腟カンジダ症は性感染症ではありません。また、性交渉による感染以外にも発症する可能性があります。だから、日常生活で注意してください。