カンジターカンジタ菌で起こる性器感染症

kjjk
カンジタとは
カンジタとは、性器感染症の一種です。カンジタにかかる人の中に女性の患者が多いですから、それで、カンジタは主に腟カンジタをさします。即ち、カンジタ菌に感染して引き起こされる腟炎です。カンジタ菌は健康な人でも皮膚や粘膜にいつも存在している真菌ですが、過度疲労、ストレス、ホルモンバランスの変化、免疫力の低下によって腟内のカンジタ菌が異常増殖すると、腟カンジタを誘発することができます。

カンジタの感染経路
カンジタの感染経路と言えば、性行為で感染しやすいというイメージが強いです。実は通常の場合、性行為によって感染することが少ないですが、免疫力が低下しているとき、あるいは性器カンジタ症を患っているときに、セックスするなら、感染しやすいと認められています。カンジダ感染症がある女性は、出産する時に産道感染で赤ちゃんの口腔カンジタと先天性皮膚カンジタになってしまうこともあります。

性行為や産道感染の他には、カンジタ菌を持っている人の便や尿、手指やタオルなどから感染する可能性がありますけど、その確率は低くてそんなに心配する必要はありません。また、口腔カンジタの場合、性行為時のオーラルセックスで感染するリスクが高いですから、注意してください。

カンジタの症状
カンジタの症状について、一般的に男性は性器にカンジタ菌を存在していても症状がほとんど出ません。もし、亀頭のかゆみやただれ、亀頭が赤くなり、白いカスや小さな水泡が出る場合、更に尿道炎が起こる場合、カンジタになる可能性があると言われています。

女性の場合、外陰部や腟の痛みやかゆみを感じる、膣外部の赤みやただれ、おりものの異常、排尿障害などの症状があります。それらの表現を見つけたら、早めに病院に行って検査を受けてください。

カンジタの治療薬
カンジタ症が軽度の場合、自然治癒することができると報告されています。また、カンジタは免疫力が低下しているときに発症しやすいため、普段の生活で、栄養バランスのよい食事、充足の睡眠、適度な運動などの規則正しい生活習慣をつけることは、カンジタ症の予防と改善にいい効果があります。

しかし、重篤化の場合、カンジタの治療薬を利用しなければなりません。カンジタの治療薬としてオキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬がよく使われます。それらの抗真菌薬はカンジタ菌を抑制する効能がありますから、カンジタ症に治療効果が期待できます。また、カンジタ症は再発率が高い感染症ですが、再発の場合なら、フェミニーナなどの腟カンジタ錠を用いることが多いです。

☑ 性感染病治療薬をオススメ

レボフロックス

クラビット・ジェネリック

アジー(ジスロマック)

健康サポート・おすすめサイト

バイアグラレビトラシアリスの比较を知りたいなら|ED治療薬Wiki